特定保健用食品と機能性表示食品

2021年04月16日 20:35

ずっと何年も飲んでます
5年?6年?そのくらい

骨密度が低下した!とかではなく、将来骨密度が低下した場合に起こりうるリスクを考えました

加齢とともに低下する骨密度!
何かあった時から始めるのは遅い?のは、何に対しても同じ
リスクが考えられるなら「予防」と思い飲み始めました

そしたら、最近こんなのが発売されました!

メーカー同じ、働きも同じ
どちらも目的は「骨」の健康ってことです

最初のは、特定保健用食品(以下、トクホ)その下のは、機能性表示食品(以下、機能性)でございます

って、書いてる私も、何が違うのよ〜?ってことです
わかっているのは、トクホのは、通販のみで、毎月自宅に1ヶ月分が届きます
(1日1本飲むのが目安)

機能性方はスーパー等で購入しました
手軽にいつでも購入できます

トクホの方にはこんなマークがついてます

よく目にします

何が違うんでしょうかね〜トクホと、機能性

トクホの方は
「骨の健康に役立つ」成分を含んでます、という表示をしても良い、と消費者庁長官(お国)が許可した食品となります

この特定の用途を表示するには、個別に食品者委員会と食品安全委員会による有効性や安全性に関する審査を受けて、許可又は承認を取得する必要があります
ハードル高いですね、事業者側も…

で、機能性の方
これは事業者の最終製品での臨床試験、その製品の機能性に関与している成分の文献調査で判断
その根拠を消費者庁長官に届けを出すだけで、その機能を事業者の責任で表示できるんです
許可や承認を受ける必要はないです

トクホより機能性の方は、お国が担保してない分、少し劣ると思われるのですが、
どちらの製品も表示はできるんです

この2つの製品の場合は同じメーカーで、ノウハウは得ている分機能性の信頼度は高い感じしますね

女性の骨密度の問題は、いろんなところで言われています
で、何かあった時に「えっ?私の骨密度、そんなに低下してたの?」では遅いと思います

私に関してはカポエイラやってます
何度かケガもしております
その度に「骨やってなくてよかった」と思います

体鍛えるのも、骨が丈夫でないと、本末転倒になりかねませんからね

それじゃなくても、日常生活で軽く転んで手をついたら手首折れたとか、そういう事例もあるらしいです

よく聞くのが、高齢で大腿骨やっちゃったら、寝たきりになる…
それは避けたいですよね

骨は体を支えております
でも、普段は骨のコンディションなんてわかりません

大事なのは、トクホだろうが、機能性だろうが、続けていくことだと思います

もっと大事なのは、食事で骨の健康を保つことですね

前のページ
目元のケア
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)